FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性ファッション誌の分類・分析2007

今回はお父さんにもわかる女性誌講座です。 女性誌の棲み分けがどうなっているのか、 俯瞰するのが目的。できるだけ多くの女性誌を 図に入れてみたので、若干、おかしな点はありますが、 これ以上、図を単純化するのは厳しいので、 その点はご勘弁を。なお、○○系とは便宜上、 私が勝手につけているものも中にはあります。 ではさっそくですが、各女性誌をマッピングしてみた のがこちら。
ライブドアニュース■女性誌のマッピング
■ギャル系
 「ギャルとは1980年代の日本に登場した、経済 至上主義を原点とし、自己の容姿を武器に都市を跋扈する 非社会性と幼児性をあわせもった蠱惑的な女性」と 山根一眞『ギャルの構造』には小難しく書いてありますが、 要は若くてイケイケなファッションをしている女性が ギャルです。肌が黒いのはLAファッションにルーツが あるから。LAだからサーフ系が中心で、肌が小麦色&肌を 露出する健康的で開放的なファッションというわけです。

 しかし。2000年前後からギャルの指向性が大きく2つに 分かれます。ひとつはある程度将来を見据えた価値観を 持つ「普通であること」を外さない肌の白いギャル (通称、白ギャル)。もうひとつはコギャルの末裔 (通称、黒ギャル)です。

 白ギャルの方は芸能人やLAセレブを模倣した ファッションが基本で、ある程度の年齢になると、 その多くはお姉系に流れていきます (例えばPopteen→CanCam)。最近はLAセレブ色を 強めた大人のギャル層の雑誌や現役キャバクラ嬢を 起用した姫系の雑誌、小悪魔agehaが登場したり、 白ギャルから派生した雑誌が年代を超えて細分化 してきているようです。

 一方の黒ギャルはというと、年々人口が減少してきて います。それでもヤマンバが一世を風靡しましたよね。 そのヤマンバは今ではアフリカンバ、セレンバ、 カランバ、マリンバ、とまるで何かの呪文のように 細分化され、生き残っているようですよ。
【ポイント】ギャルと1括りにするのは難しい昨今

■お姉系(赤文字系)
 本来は109のお姉さん路線のブランドを お姉系と言いますが、その意味が拡大解釈され、 「ギャル系のファッションを卒業した大人っぽい (お姉さんっぽい)ファッション」というのが 一般的なお姉系の認識です。

 大人っぽくはなったものの、まだまだ「かわいい」 「キラキラ」からは卒業できないのか、ギャルの名残も 多く見られます。代表的な雑誌は赤文字系雑誌 (CanCam、JJ、ViVi等)で、「かわいいお嬢様風 ファッション」というのがお姉系の定番です。 またギャル卒業組みだけではなく、大学デビュー組も この層に多いのが特徴。

【ポイント】男ウケは抜群で小悪魔率も高め


JUGEMテーマ:ファッション


■アラサー(大人のギャル系)

 Ranzukiの「何歳までがギャル?」というアンケート で、19歳のギャルは20.9歳(平均)、20歳のギャルは 26.8歳(平均)と回答していたのですが、20歳が1つの 節目になっている模様。20歳までにギャルからお姉系に クラスチェンジできた人は問題ありませんが、 そうでない人は受け皿となるファッション誌がなくなり 困ることに。その層に向けて、2005年前後、次々と創刊 されたのが、この大人のギャル層、通称アラサー なのです。

 アラサーとはアラウンドサーティー (30歳前後)の略で、コギャル世代を指す言葉。 彼女たちは流行に敏感で、コギャル時代からの爆発的な 情報発信力も健在。ELLE JAPONやGINZAなどを併読する 人も多く、ギャルテイストにモードが加わった スタイリングが特徴です。中でもLAセレブ的な ファッションが多いかな。アラサー、大人の ギャルでいまいちピンとこない人は押切もえさん を思い浮かべるといいでしょう。彼女は元eggの 読者モデルでコギャル世代の代表です。

【ポイント】グラマラスでゴージャスになったギャル

■OL系(私が便宜上命名)

 ギャルマインドを完全に卒業し、大人の コンサバ系ファッションに身を包むようになった のがOL系。お姉系はコンサバ系と言われることが 多いのですが、OL系こそコンサバという言葉が ふさわしいと思います。お姉系はトレンド偏重で ミーハーですからね。その点、OL系はOLだけあって 保守的なファッションですし、スタイリングも 定番アイテムが中心なので。

 なお、図では1つにまとめましたが、OL系といっても、 細かい棲み分けがあります。図では右がお嫁系OL、 真ん中・左がキャリア系OLという感じでおおざっぱに 配置しています。

【ポイント】基本的にはコンサバ

■モード系

 基本的に業界人が読む雑誌群。ロールモデルとして 愛読するのではなく、情報、アートとして読むのが大半。 業界人でなければ相当なファッションアディクトです。 ここまでモードに傾倒していると、もはや男性に合 わせるという気はサラサラなく、ほぼ自己満足のために ファッションに散財(年間で100万単位)していると 言っても過言ではありません。こだわりが強い分、 自尊心も強いので、彼女たちの服装にケチをつけるのは 止めておいたほうがいいでしょう。もし、彼女たちと ファッションで対等に渡り合うつもりなら、最低でも スーパーモデル、デザイナー、ブランドについて、 彼女たちと同等の知識が必要です。なお、 ファッション好きの男性(クラシック好き) とは価値観が対立するので注意。

【ポイント】触らぬファッションヴィクティムに祟りなし

■ハイエンド系(私が便宜上命名)

 多くのファッション好きが最終的に行き着くのが このハイエンド系。ファッション誌を読み漁り、 ファッションを研究し尽くしたからなのか、 とてもハイセンスな人が多い気がします。雑誌に 登場するのはハイブランドばかりですが、 そのハイブランドを1点だけ取り入れたり、 似たような服を探してきたり、と上手く 自分の身の丈に合った取り入れ方をしています。

 具体的には、Zipper→装苑、OL系→Ginza、 spring→InRed、モード系→SPURというのがよく あるパターン。

【ポイント】上昇志向が強く通好み

■ストリート系(原宿系)

 今のストリートはゆるカジ(脱力系カジュアル)が中心。 ゆったりとしたカジュアルスタイルが特徴で、 美容師やファッションの専門学生に多いスタイルです。 具体的には、重ね着(レイヤード)が基本で、 たっぷりとしたドレープのトップスやスカートの下に ジーンズやパンツをはくスタイル(通称、はにわ)を よく見かけます。

 図では「ストリート系」と1つに括りましたが、図の上の 方と下の方ではテイストが大きく異なります。有名人で 言うと、上の方が土屋アンナさん、下の方がaikoさんで しょうか。要は上の方ほど個性的(奇抜・アート)で、 下にいけばいくほどカッコカワイイという感じ。 外人さんが日本のファッションスナップでよく取り上げる のは上の方です。特にゴスロリ系と言われる、KERAが 人気で、原宿系ファッションの代表としてよく紹介 されています。

【ポイント】クリエイティブな個性派

■ガーリー系(私が便宜上命名)

 ファッションの傾向はカジュアルですが、 ちょっと女の子らしい清潔感のあるテイストを好むのが 共通点。全体的にファッション熱が低めなので、 同性に地味と叩かれることがしばしば。 それでも人口が多い層で、男性ウケはまずまずです。 それもそのはず、この層は基本的には専業主婦志向 が強く、家庭的で堅実派の女性が多いからなんですね。

 男性は地味だからといって侮ってはいけません。 このガーリー系界隈(MORE・with含)の雑誌は恋愛特集が とにかく多いのが特徴。ひそかに恋愛偏差値が 高め(経験も豊富)の女性が多いのです。 例えば、「SEX時の演技(イッタフリ)」についてRay、 ViVi、nonnoのアンケート結果を比べると、 Ray56%、ViVi53%、nonnoが70%とnonnoがダントツで 高い数値を出しています。ViVi、Rayの属するお姉系は 小悪魔率が一番高いのですが、そのお姉系より策士が 多いのがnonno、すなわちガーリー系界隈なのです。 地味目ゲット!とか思っていても、それは掌で転が されているだけかもしれませんよ!

【ポイント】オシャレより男心の掌握に長けている傾向あり


 以上、長くなりましたがこれで解説は終了です。

 恋人にするなら「今時の人(服装)がいい」 という女性の意見をよく雑誌で見かけます。 「今時のファッション=今時の価値観や趣向を持っている」 と見た目から判断しているわけです。これは逆に言えば、 特定のクラスター(ファッション・ファッション誌)に 属することによって、自分をどう見せたいか、 またはどのように見られたいか、ということを、 女性は多かれ少なかれ意識しているということです。

 気になる女性の愛読誌がわかればクラスターが わかります。クラスターがわかれば価値観と趣向も 見えてきます。そうなると、傾向と対策もたてやすいの ではないでしょうか。例えば、女性誌に出てくる 男性のファッションはその雑誌読者の理想である場合が 多いのですが、狙っている女性の愛読誌がわかったら、 その雑誌と同じクラスターの雑誌を読んで、 ファッションの研究ができますよね。その雑誌に 載っているグルメ情報なんかも役に立つはずです。

 そういうわけで、男性が大まかに女性誌の クラスタリングを知っておいても損はないと思いますよ。 何かで使えることがきっとあるはず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
カスタム検索
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。